Message

市民に愛され50年! 今日も安心信頼届けます

 昭和47年の小松市17農協の合併から、ちょうど50周年を迎えました。
 今日という日を迎えることができましたのは、ひとえに組合員の皆様をはじめ、お取引先、関係先の皆様からのご支援とご協力によるものと厚く御礼申し上げます。
 コロナによる人々の行動変容、国内人口の減少と高齢化等、事業環境の変化に対応し、キャッチフレーズにあります「市民に愛され50年! 今日も安心信頼届けます」を信条に、持続可能な農業と食の提供のために、皆様にとって“なくてはならないJA小松市”であり続けられるよう精一杯努めてまいります。

代表理事組合長 西沢 耕一

農業応援大使

小島よしお
みんなで写真アートをつくろう!

小松市のみなさんの想い出を形にする

JA小松市では創立50周年を記念し、地域のみなさんと連携した作品を制作します。
記念作品はみなさんから投稿頂いた写真を一つの絵として形にするフォトモザイクアートにし、
完成品はJAまつりで発表します。またJA本支店や直売所にて掲示予定です。

記念作品はフォトモザイクアート

写真を撮影
ご家族・ペット・風景・野菜など何でもOK!
投稿
選んだ写真を投稿してください<投稿方法の詳細はページ下部を見てね>
制作
アートのプロが制作します。出来上がりまでちょっと待ってね
完成
何の絵になるかはお楽しみに!

キャンペーン特典

JAオリジナルセットを
抽選で10名様
さらに小島よしおさん直筆サインも抽選で3名様に!
子ども支援プロジェクト
みんなの投稿が、環境に恵まれない子ども達への支援にも繋がります

子ども支援プロジェクトって何?

世界に目を向けると貧困に苦しむ子ども達が沢山いますが、日本国内においても身近なところで環境に恵まれず一人で食事をする孤食の子どもや、毎日ほぼ即席麺など健康的な食事が提供されない家庭環境の子どもがいます。

そのような子ども達へ支援を行っている「子ども食堂」と連携し、JA小松市からお米や野菜を贈ることで少しでも改善できるように取組みます。

投稿方法

写真の投稿方法は 3種類 です。好きな方法で投稿してください。

投函
JAあぐり、道の駅こまつ木場潟にて投函箱を設置しますので、所定用紙に記入し写真を投函
郵送またはEメール
宛先:〒923-8611
石川県小松市上小松町丙25JA小松市総務部組合員相談課
フォトモザイクアート係
Eメール:fureai@komatsushi.is-ja.jp
Twitter、Instagram
ハッシュタグ #米野菜アクションを付けてTwitter、InstagramどちらかのSNSで投稿

※注:子ども支援プロジェクトの1食分に該当するのはSNSでの投稿のみカウントされます。

投稿時の注意事項はこちらの募集要項を詳しく見てください。

募集期間
202271-831まで
農業応援メッセージの募集

みんなの声を農家さんに届けよう!

JA小松市では創立50周年を記念し、美味しいお米や新鮮なお野菜を作ってくれる生産者さんへ
向けた応援メッセージを募集します。
集まったメッセージはJA小松市で取りまとめて、JAまつり・広報誌などを通じて生産者さんへ思いを伝えます。

キャンペーン特典

JAオリジナルセットを
抽選で10名様
さらに小島よしおさん直筆サインも抽選で3名様に!
子ども支援プロジェクト
みんなの投稿が、環境に恵まれない子ども達への支援にも繋がります

子ども支援プロジェクトって何?

世界に目を向けると貧困に苦しむ子ども達が沢山いますが、日本国内においても身近なところで環境に恵まれず一人で食事をする孤食の子どもや、毎日ほぼ即席麺など健康的な食事が提供されない家庭環境の子どもがいます。

そのような子ども達へ支援を行っている「子ども食堂」と連携し、JA小松市からお米や野菜を贈ることで少しでも改善できるように取組みます。

投稿方法

写真の投稿方法は 3種類 です。好きな方法で投稿してください。

投函
JAあぐり、道の駅こまつ木場潟にて投函箱を設置しますので、所定用紙に記入し写真を投函
郵送またはEメール
宛先:〒923-8611
石川県小松市上小松町丙25JA小松市総務部組合員相談課
農業応援メッセージ係
応募フォームはこちら
Twitter、Instagram
ハッシュタグ #米野菜アクションを付けてTwitter、InstagramどちらかのSNSで投稿

※注:子ども支援プロジェクトの1食分に該当するのはSNSでの投稿のみカウントされます。

投稿時の注意事項はこちらの募集要項を詳しく見てください。

募集期間
202271-831まで