月津小学校でお礼の会

2011.12.16

月津小学校5年生39人が12月13日、同校の視聴覚教室で、米作り体験でお世話になった当JA月津支店の職員や、月津生産組合、地域の人を招待してお礼の会を開きました。
  同校は石川県や当JAが主催する「いしかわ田んぼの学校推進プロジェクト」の指定を受けて5月の田植えから、9月の稲刈り、10月の脱穀、籾すりまでの米作りを体験してきました。米作り以外でも、地域の人から稲わらを使った縄ないを学びました。
 お礼の会では、児童が自分たちで収穫したお米で作ったおにぎりや、米を米粉にして作ったクッキー・ケーキなどを招待したJA職員や、地域の人達と試食しました。児童たちは班ごとに、お米に関するクイズや、紙芝居の発表などを行ない、お米に関する学習の締めくくりをしました。
 米作りに年間を通して協力してきた当JA月津支店の堀康晴支店長は「地域に密着したJAとして、来年度も継続して学校の食農教育のお手伝いをしていきたい」と話していました。

児童に米粉で作ったクッキーについて質問する堀支店長
PAGE TOP