安全運転訴える旗リレー出発式

2011.09.02

JA小松市の交通安全旗リレー出発式が9月2日、JA小松市会館前で役職員約50人が参加し開かれました。
 式では、西沢耕一代表理事組合長と奥野登志夫小松警察署長があいさつし、職員を代表して寺本和義さんが「安全速度を守り、交通事故防止の徹底を図る」などと交通安全宣言を読み上げ、職員一丸となった交通安全への取り組みを誓いました。
 西沢組合長から最初の設置場所となる中海、板津両支店に旗が引き継がれました。
 収穫などの農繁期を迎えるのに合わせ、安全旗のリレーを行い、支店等に旗を掲示することで組合員らに事故の防止を呼びかけるものです。旗は9月21日まで支店、事業所など24カ所を回ります。

交通安全宣言文を読み上げる職員代表の寺本さん
PAGE TOP