親子で野菜収穫(一日緑の学園)

2011.07.26

一日緑の学園(親子収穫体験)が7月9日に、管内の青壮年部員の施設3カ所であり、小松市立中海小学校2年生の親子21組計42人がトマトやジャガイモ、キュウリの収穫を体験しました。
 JAの食農教育活動の一つで、2009年から始めて今年で3年目になります。地元の小学生に食や農業に対する理解を深めてもらおうと企画しています。
 収穫体験の後、昼食会場の中海支店では、女性部が収穫してきたキュウリを使った浅漬け作りの講習や紙芝居「じゃがいも」を上演。青壮年部は野菜に関するクイズを出して楽しみました。
 昼食には女性部員が作った小松市特産のトマトを使ったトマトカレーを味わいました。参加者の中にはカレーが苦手な児童もいましたが、「これだったら食べられる」と喜んで食べていました。

汗を流しながら、収穫体験をしました。
親子で収穫を楽しみました。
PAGE TOP