イベント出演に感謝 園児たちにイチゴ苗贈る

2010.12.21

  小松市蓮代寺町にある「道の駅こまつ木場潟」が20日、市内の蓮代寺保育所と蓮代寺小学校にイチゴ苗のプランターを贈りました。
 今年4月22日に行われた道の駅オープニングイベントに同保育所のこどもたちが出演し、可愛らしい歌や、太鼓等の演奏を披露してもらった感謝の気持ちを込めて、東浩一駅長と「じのもんや」店長の吉本武司さんが贈りました。プランターの他に採れたてのイチゴもプレゼントしました。
 東浩一駅長は「イチゴの完熟までの変化を観察することで、小松で作られている事の大切さ、食の安心・安全を知ってもらえる機会になればと思います。」と話していました。野菜ソムリエである吉本店長からはイチゴの育て方等についての説明がありました。  

蓮代寺保育所の岡崎貴代所長は「絵本等ではイチゴを見ているが、本物に触れることで、育て、収穫する喜びを感じてほしい」と話していました。
 イチゴ苗のプランターはこの時期小松市内で唯一小松産イチゴを作っている日末町の農業上出哲也さんの協力をいただきました。品種は章姫。(あきひめ)

贈ったプランターのイチゴを見る子どもたち
PAGE TOP