落語で交通安全教室

2010.12.08

 JA小松市・JA共済連石川は、高齢者等の交通事故防止を図るため、12月4日、花坂町にある老人福祉センター千松閣で「交通安全落語」などをプログラムに組み込んだ高齢者向けの交通安全教室を開きました。
 小松市蓮代寺校下老人クラブの会員約80名が参加しました。参加した会員が二人一組になり、一人が約50㌢の棒を落とし、もう一人が落下する棒をすばやく握るという敏しょう性の測定を行なうゲームを行ない、現在の身体能力や反応能力を自覚していました。
 ゲームのあと、落語家の春雨や雷蔵さんによる交通事故に逢わないための留意点を交えた軽快な落語で会場は盛り上がり、参加者は笑いを通じて交通安全に対する理解を深めていました。

落語を披露する春雨や雷蔵さん
PAGE TOP